• Takae

2019年10月のテーマ:ダーラナー(集中)


動き回る心が一つのモノあるいは一つの場所に結びつき固定したとき、その状態をダーラナー(集中)といいます。ダーラナーはヨガの8支則のうちの6番目。7番目のアプローチであるディヤーナン(瞑想)の始まりだと言われています。

しかし、たとえ一枚の画像や対象物、一定の音などを心に描き、そこに一点集中しようと目を閉じても、次の瞬間その対象はもう脳裏の外へ行ってしまったり、別の考えに心が奪われたり、対象がぼやけたりかすんだり、果ては眠くなったりすることもあります。そこで多くの人は「私には瞑想はムリ!」とすぐに諦めてしまいます。

今日一つの対象に10秒集中できたら、明日は30秒集中してみましょう。もし30秒集中できたら次は1分に挑戦してみましょう。

たとえ芋虫のような動きでも繰り返しているうちに前進します。

アッビャーサ(繰り返しの練習)

を続けながら少しずつでも改善していくことこそが、どんな難しいゴールにも導いてくれる道なのです。

ダーラナーの練習と同様、皆さんそれぞれにとっての「難しいポーズ」も、自分に合った方法で練習を繰り返し、少しずつ目標に近づいていきましょう。





1回の閲覧

© 2020 Big Bear, LLC

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus