• Takae

フォーカス:肩の構造と働き(1)

2020年10月5日




気付いたらもう10月。春先からコロナに振り回されたまま世界は2020年最後の四半期に入ってしまいました。今年はハロウィンもサンクスギビングも、そしてクリスマスも、例年のような大イベントはないかもしれませんが、やはり年末に向かう三ヵ月はどうしても浮足立ってしまいがちです。


この状況下で迎える年末の時期だからこそ、いつよりもよけいにBe present (今、ここに在る)という意識を大事にしたいと思います。

今月は体幹上部の構造にフォーカスしていきます。

まずは肩周りから視覚的に見てみましょう。肩の構造と働きの基礎をアニメーションでわかり易く説明しているYou Tubeをみつけたので紹介します。⇒(https://www.youtube.com/watch?v=D3GVKjeY1FM


“When you realize all different ways and positions you use your hands every day, it is easy to understand how hard daily life could be if the shoulder isn’t working well.”


――40歳あるいは50歳を過ぎて肩の痛みを経験したことがある人なら、この深い意味がわかりますよね。:)


ヨガのア―サナの時はもちろん、何かを取ろうとしたり持ち上げたりするときも、その対象や周囲にばかり注意が向いてしまわないよう、自分の肩甲骨の中心すなわち体幹の軸から手や腕を動かす、すなわち常にBe presentの意識でいきましょう。


0回の閲覧

© 2020 Big Bear, LLC

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus